音楽監督・池辺晋一郎および各パートのアドヴァイザーを中心に、教育普及や育成に長けたプロの講師に指導をお願いしています。

アドヴァイザー

下野竜也

下野竜也(指揮者)

Tatsuya Shimono(Conductor)

1969年鹿児島生まれ。2000年東京国際音楽コンクール〈指揮〉優勝と齋藤秀雄賞受賞、01年ブザンソン国際青年指揮者コンクールの優勝で一躍脚光を浴び、以降、国際的な活動を展開。国内の主要オーケストラに定期的に招かれる一方、ミラノ・ヴェルディ響、ストラスブールフィル、ボルドー管、ロワール管、ウィーン室内管など各国のオーケストラに次々と客演を重ね、09年はローマ・サンタ・チェチーリア管、チェコフィルハーモニーの定期演奏会に招かれ好評を博した。10年3月にはシュツットガルト放響へのデビューを飾り、10月はカンヌPACA管に再客演。11年4月には南西ドイツフィルへのデビューが決定している。06年より読売日本交響楽団の初代正指揮者に迎えられ、ドボルザークとヒンデミットを軸としつつ新作初演まで取り組む意欲的な姿勢とプログラム構成には特に定評がある。サイトウ・キネン・フェスティバル松本をはじめ、数多くの音楽祭にも参加。07年からは上野学園大学音楽・文化学部教授として後進の指導にも情熱を注いでいる。

三浦章宏

三浦章宏(ヴァイオリン)

Akihiro Miura(Violin)

4歳よりヴァイオリンを始める。筑波大学人間学類において教育学、心理学、心身障害学を学ぶ。またこの頃より徳永二男氏に師事し、ヴァイオリンの研鑽を積む。1984年、同大学を卒業。 翌年NHK交響楽団に入団する。第53回日本音楽コンクール入選。第21回東京国際音楽コンクール弦楽四重奏部門において斉藤秀雄賞受賞。第25回ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール第2位入賞(第1位空位)。川崎音楽賞第1位および最優秀市長賞受賞。

1989年アフィニス文化財団の奨学生として、ドイツ、ミュンヘンに留学し、エルネ・セベスティアン氏に師事。
1993年東京、大阪にてソロデビューリサイタルを行い、高い評価を受ける。
13年間 NHK交響楽団に在籍した後、1999年より新星日本交響楽団のコンサートマスター、2001年より東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを務めている。
これまでにサンクトペテルブルグ・フィルハーモニー室内オーケストラ、フィレンツェ室内管弦楽団、東京フィル、大阪フィル、神戸室内合奏団、各地のオーケストラとコンチェルトを協演している他、リサイタル、ボア・ヴェールトリオ(東誠三[p]、藤森亮一[vc])、ヴェーラ弦楽四重奏団、鎌倉芸術館ゾリスデンなど多彩な演奏活動を展開している。
2005年川西市民文化賞受賞。(兵庫県)
国立音楽大学、洗足学園音楽大学非常勤講師。

百武由紀

百武由紀(ヴィオラ)

Yuki Hyakutake(Viola)

東京芸術大学卒業、同大学院修了。1975年デビュー・リサイタルを開催。以後、現在に至るまで、オーケストラ、室内楽、ソロで多くの演奏会、録音の場で活躍している。1999年まで東京都交響楽団に在籍し、首席奏者をつとめた。カール・ライスター、ウルリッチ・コッホ氏等外来演奏家とも多数共演している。邦人作品、現代曲の初演も多く手掛けており、1999年日本音楽コンクール作曲部門の演奏に対して、審査員特別賞を受賞するなど、高い評価を受けている。現在、東京シンフォ二エッタメンバー。愛知県立芸術大学で教授をつとめる他、東京芸術大学、東京音楽大学等で教鞭をとる。

苅田雅治

苅田雅治(チェロ)

Masaharu Kanda(Cello)

桐朋学園大学で井上頼豊氏に師事。1973年第42回日本音楽コンクール・チェロ部門第1位。1982~90年東京都交響楽団首席チェロ奏者をつとめる。82年よりニューアーツ弦楽四重奏団に参加し、飛騨古川音楽大賞奨励賞、文化庁芸術祭賞、中島健蔵音楽賞を受賞。個人としても92年第11回中島健蔵音楽賞受賞。国内の主要現代音楽祭に常時出演しており、独奏者としての評価も高い。現在、東京音楽大学教授、桐朋学園大学講師。

海鋒正毅

海鋒正毅(クラリネット)

Masatake Kaihoko(Clarinet)

1966年東京藝術大学卒業。第33回日本音楽コンクール第2位受賞。
フルブライト給費留学生として渡米。イーストマン音楽大学・テンプル大学・カーティス音楽院等で学び、留学中よりアメリカ各地で演奏活動。
帰国後、東京文化会館でのデビューリサイタルを機に日本各地及び、ドイツ、フランス、ベルギー、フィンランド等で放送及び室内楽等で演奏活動。
その後、東京藝術大学、千葉大学、非常勤講師を経て群馬大学教育学部教授、同群馬大学教育学部付属小学校校長経て2006年定年退職。その後も洗足音楽大学非常勤講師、東京クラリネットフィルハーモニー指揮者として音楽活動中。日本クラリネット協会常任理事。

秋山鴻市

秋山鴻市(トロンボーン)

Koichi Akiyama(Trombone)

富山県出身。富山商業高校卒業後、東京藝術大学音楽学部器楽科入学。同校卒業後、佼成ウインド・オーケストラ ユーフォニューム奏者として入団。その後、読売日本交響楽団 バス・トロンボーン奏者として入団。1983年NHK交響楽団移籍。2005年NHK交響楽団定年退職後、東京音楽大学音楽学部招聘教授。現在、洗足音楽大学教授。
東京ブラスアンサンブル、東京トロンボーン四重奏団にても演奏活動を行う。

岡田知之

岡田知之(打楽器)

Tomoyuki Okada(Percussion)

1936年京都生まれ岡山育ち、60年東京芸大打楽器専攻卒業しNHK交響楽団打楽器奏者。63年日本最初の打楽器アンサンブル演奏会を主宰し開催。67年N響派遣でベルリン研修。75年岡田知之打楽器合奏団設立、その活動に対し文化庁芸術祭優秀賞、日本レコードアカデミー賞、第15回音楽之友社賞を受 賞。92年N響定年退職。N響在職中より東京芸大、山形大、国立音大、洗足音大等を指導。N響退職後、国立音大教授、洗足学園音大教授と音楽学部長を歴任。
現在は洗足学園音楽大学名誉教授、札幌大谷大学音楽学部特任教授、NHK交響楽団理事・団友、日本吹奏楽指導者協会理事、日本打楽器協会副会長、音楽大学オーケストラフェスティバル実行委員長などを務めている。
「ニューグローブ世界音楽大事典」(講談社)や「新編音楽中辞典」(音楽之友社)の打楽器の項目執筆や「小太鼓100曲集共同音楽出版)などの著書がある。